􀞣仮面ライダーDCD31最終話􀞤􀀂 􀟩􂸥􀩐􀧻􂷩


仮面ライダーDCD第31話 最終話

仮面ライダーDCD第31話「世界の破壊者」
世界の融合を早め、ライダー世界を消し去っていくスーパーアポロガイスト。
 ディケイド、ディエンド、クウガ、キバは一斉にスーパーアポロガイストに襲いかかるが、力の差は歴然。あっという間にライダーたちは変身を解除してしまう。
 勝ち誇ったスーパーアポロガイストは夏海(森カンナ)を誘拐しオーロラへと消えていく。

 なんとか夏海を助け出さなければ…。
 焦る士(井上正大)、ユウスケ(村井良大)、ワタル(深澤嵐)の前に剣崎一真(椿隆之)と名乗る男が現れ、世界の融合が始まったのはディケイドのせい、世界を救うにはディケイドを排除しなければならないという。怒った士はディケイドに変身、一真もブレイド・キングフォームに変身し激しい戦いに突入する。
 しかし、キングフォームはディケイドを圧倒。
 ディケイドに手を貸せばカズマのように消えてしまう…というアスム(小清水一揮)の言葉にユウスケも、ワタルも手を出せなくなってしまう。

仮面ライダーDCD第31話↓↓
http://web909.com/info/dcdf.html
RDF Site Summary
RSS 2.0
SEO ツール
SEO対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。